ムダ毛の自己処理の注意点

ムダ毛の自己処理の注意点

ムダ毛の自己処理

自己処理(じこしょり)とは、はじめて聞く人にとっては聞きなれない言葉かもしれません。


自己処理とは、恋肌(こいはだ)のような脱毛サロンで専門的な施術を受けるのではなく、自分自身でムダ毛を除去する行為を指します。


恋肌(こいはだ)のような脱毛サロンに通っていても、脱毛施術が終わるまでの間は、ムダ毛の自己処理を行う必要があります。


これは脱毛サロンでも同じことなのですが、ムダ毛を除去する行為は、大なり小なり肌に負担をかけてしまうものです。ムダ毛の自己処理を正しく理解して、できるだけ肌に負担をかけないように自己処理をすることがとても重要なんですね。


自己処理の基本ルール

自己処理の基本ルール

ムダ毛の自己処理の基本ルールは、ムダ毛を抜くのはできるだけ控えた方が良い、ということです。


ムダ毛を抜くのは、肌にとても大きな負担がかかります。


ムダ毛を抜くと、毛根部に柔らかい組織が付着しているのが分かります。ムダ毛を引き抜くと、毛根部の組織を壊して、引きちぎるような状態になってしまうのです。


もちろん、ピンポイントでこのムダ毛1本を抜きたい、というような時に、毛抜きはとても便利なものですが、広い面積を毛抜きだけで自己処理するというのは避けた方が良いです。


毛抜きと同じように、抜く系統に入る自己処理方法としては、脱毛ワックスとか脱毛テープがあります。脱毛ワックスは一部で流行しているようですが、毛抜きの大規模版ですので、おすすめできません。


カミソリを正しく使うと良い

カミソリ

カミソリは、正しく使えば、自己処理方法としてはベストな方法のひとつです。


カミソリで剃る場合、ムダ毛の毛根部はそのまま残り、ムダ毛を途中でカットすることになります。肌にかかる負担は比較的少なくて済み、広い面積でも効率よく処理できるという長所もあります。


もちろんカミソリで剃る場合、実際には皮膚も薄く削りとっていることになるため、剃る前後に正しいケアは必要ですが、手順を守ればとても有効な自己処理方法です。


カミソリと同じく、ムダ毛を途中でカットする系統の自己処理方法としては、電気シェーバーとか脱毛クリーム(除毛クリーム)があります。脱毛クリーム(除毛クリーム)は薬剤の力でムダ毛を溶かすものですが、比較的強い薬剤を用いますので、自分の肌との相性には気を付けましょう。


自己処理前後のケア

蒸しタオル

自己処理前後には正しくケアしてあげることが必要です。


@自己処理前には温めてムダ毛を柔らかくし、毛穴を開かせる。
A自己処理後には冷やして肌を引き締める。
B最後にしっかり保湿ケアする。


こうしたケアを行うのに、蒸しタオルを使うととても便利です。


蒸しタオルは電子レンジで簡単に作ることができます。水に濡らしたタオルをラップに包み、電子レンジで30秒ほど温めればでき上りです。


温かいうちは自己処理前のケアに使うことができますし、冷えてきたら自己処理後のケアに使うことができます。手軽にできますので、ぜひ試してみてくださいね♪


全身脱毛サロン『恋肌(こいはだ)福岡天神店』について紹介しています。格安料金で全身脱毛したい人は、TOPページから詳細を確認してみてください。脱毛情報なども順次追加しています!